石塚和彦アトリエ一級建築士事務所 これまでの作品

home_blog

copyright
手稲の三角

手稲の三角

北海道の住宅の原風景ともいえる、築40年以上の年月を経た三角屋根の家の増改築。
三角のアイコンを受け継ぎながら断熱・気密改修され、経年変化を感じることができる木貫板を下見板張りすることで更なる時を刻んでいきます。
2階は小屋裏を生かした広がりのあるプライベート空間となり、1階の大きな土間空間は趣味の道具の手入れや作業場として機能します。 また、土間のコンクリートは、蓄熱により夏冬の室内の温熱環境を穏やかにする役割を併せ持っています。
sprout

SPROUT

札幌中心部の狭小敷地ながら、川に面した眺望のよい場所にたつ個人住宅です。
変形した鈍いプロポーションを持つこの建築は、一見、特異な姿を見せながらも、敷地辺に対する周辺環境の対照的なあり様と、多様なアクティビティのための内部空間の細やかな分節・変化によって、必然的に形づくられています。 この小さな家からクライアントの新たな生活が芽生えていくと同時に、この場所の古い街並みに対して、この建築が新たな芽となり、変化を生み出すきっかけとなることを願っています。
澄川の家

澄川の家

札幌市近郊の三角形の敷地に建つ個人住宅です。
この三角形の敷地は、それぞれの辺が川・公園・道路という異なる環境に面しています。建築は敷地の形状に合わせて、それぞれの空間を移動するシークエンスを意識しながら形づくられました。1階は道路から公園へ抜けるアプローチの動線によって分割されており、2階は公園と川に沿うV字型の平面で構成されています。
宮森の家

宮の森の家 Y邸

「宮の森の家」は、北海道札幌市の中心部にたつ、小さな個人住宅です。
計画敷地は、約18坪という、札幌では珍しい狭小敷地。

建築面積を最大限に確保した木造2階建とすることにより、建物のボリュームを抑えて全体的なコストダウンを図りながらも、 凍結深度によって必要になる基礎の深さを利用し、十分な天井高さの確保とレベル差のよる豊かな内部空間を実現しました。
柏林台の家

柏林台の家 Y邸

「柏林台の家」は、北海道帯広市の中心から少し離れた敷地に建つ個人住宅です。

約100坪というゆとりのある敷地を有効に利用した平屋とし、冬季間の積雪対策や周囲とのプライバシーの関係を考慮しながら、リビング・ダイニングというコモンスペースに面した中庭を設けることにより、建物内部からテラスを介してつながる「家族のための庭」を創りだしました。
山鼻の家

山鼻の家

2014年8月に竣工した個人住宅。
南側の近接した住宅との緩衝空間として坪庭・ユーティリティテラスを設けることで、プライバシーを確保するとともに、玄関・和室からの視線の抜けと、内部への光を確保しています。
また、東西に細長い敷地の特徴を活かし、2階に東側隣地の畑と樹木を借景としたルーフテラスとリビングを配することで、東西方向への空間の広がりを意図しています。
西岡の家

西岡の家

2013年11月に竣工した個人住宅。
スクエアな平屋空間に、3つのプライベートなヴォリュームを挿入することによって、様々な居場所を持つ、回遊できる土間空間を生み出しました。 スリットの開口は、床のレベル差によって各々の空間の繋がり方に変化を持たせる役割を持ちます。
春になると、ふたつのロフトの屋根は大きなテーブルとなり、緑化された屋上にはもうひとつのリビングが出現します。
星置の家

星置の家

2014年5月に竣工した個人住宅。
シンプル三角屋根が特徴的なこの住宅は、勾配屋根と垂直な壁によって、その間に生み出される内外の空間が特徴となっています。
屋根に穿たれた空間は適度に囲われたプライベートテラスとなり、軒下空間は壁面緑化のための場所・ガレージ・庭と繋がるデッキとして構成されました。
内部では、屋根形状に合わせた勾配天井とロフトが空間の広がりを生み出しています。
手稲本町の家

手稲本町の家

2013年10月に竣工した個人住宅。
建物に囲まれた敷地に対して、生活のプライバシーを保ちながら、ハイサイドライトを利用して柔らかな光を取り入れるための勾配屋根が特徴の家です。
重厚な黒の外観とは対照的に、内部は白と明るい木の色を基調とした柔らかな光が差し込む空間になっています。
北広島の家

北広島の家

2013年3月、北広島市に竣工した個人住宅です。
テラスを介して南の庭に面したリビング・ダイニングは、ランダムな窓と羽目板の壁面によって、適度なプライバシーを確保しています。
かなりローコストながらも、施工会社との協力によって、クライアントの想いがしっかり詰まった家になりました。
芽室の家

芽室の家

2013年7月、芽室町に竣工した個人住宅。
西からの卓越風を受け流すシンプルな片流れの勾配屋根が特徴の家です。
内部は、1階から2階のロフトまで、片流れ屋根に合わせて空間が連続する構成になっており、登り梁が空間の連続したイメージを創り出しています。
高断熱によって開放された室内空間は、シンプルな重力換気と通風を実現しています。
ネクスト動物病院

ネクスト動物病院

2013年4月。「ネクスト動物病院」が、兵庫県芦屋市川西町にオープンしました。
病院のファサードは既存のビルに合わせながらも、動物病院らしい柔らかなイメージを目指しました。面する桜並木にちなんで、入口の扉はサクラの羽目板で柔らかさを表現し、サインのピンク色で華やかさを演出しています。
内部には杉下見板貼と白く塗装したコンクリートブロック・クリア球のペンダント照明を使用し、清潔感と柔らかさを表現しています。
山の手の森歯科クリニック

山の手の森歯科クリニック

2013年10月に竣工した歯科クリニック。
北側の前面道路に対するフロンテージを活かた待合コーナーと、南側に三角山を望む気持ちの良い診察室は、敷地の特徴から必然のように導き出され、それによってプランの骨格が決められました。
診察室と待合コーナーを繋ぐ廊下と庭に面した中待合は、診察に向かう気持ちに「間」をつくり、ストレスを和らげる空間・時間として意図されています。
中島の長屋

中島の長屋

2012年12月に竣工した木造3階建の2世帯住宅。
様々な与条件から、狭い敷地に対して必然的に最大限のボリュームを利用した計画となりました。
スキップフロアとハイサイドライトを採用することで、効率のよい動線と縦に繋がる空間を実現し、空間の大きさに対する感覚に対して変化をもたせました。
ざわざわ森ペットクリニック

ざわざわ森ペットクリニック

この建物は、北海道岩見沢市に建つ、動物病院を併設した住宅です。
1階を動物病院・2階を住居とし、その空間ボリュームの差異によって外観が素直に形づくられています。 ファサードは、川沿いの並木の風景・「ざわざわ森」のゆらぐ森のイメージに合わせて、2階の凸のボリュームが多数の柱で支えられ、待合室ではまるで木立の中に居るかのような空間を創り出しています。 内部空間は、木の質感を生かした柔らかい空間とし、診察時間に合わせた蓄熱式床暖房の採用することで、経済的な暖房計画を実現しています。
あつき動物病院

あつき動物病院

2010年4月28日。
「あつき動物病院」が、歴史ある建物「岩佐ビル」にオープンしました。
周辺の歴史ある雰囲気を壊さずに北3条通りの新しい顔となるため、外観に呼応する「レンガ色」・「白」の清潔感・「緑」のフレッシュさを用いて、透明感のあるファサードを目指しました。
夏には、ファサードに張られたワイヤーにクレマチスなどの植物がきれいな花を咲かせます。
NAC ニセコアドベンチャーセンター札幌店

NAC ニセコアドベンチャーセンター 札幌店

東札幌の「イーアス札幌」内に、NAC ニセコアドベンチャーセンター 札幌店が誕生しました。
NAC札幌店は、国内最大級のロッククライミング・エリアを持ち、道産食材をふんだんに使ったレストラン「JoJos」とアウトドアショップも併設しています。
ロッククライミングを初心者でも気軽に安全に体験でき、クライミングを間近に見ながら食事も楽しむことができます。
(共同設計 : 石垣 佳政)
きたのさと動物病院

きたのさと動物病院

札幌市白石区の「きたのさと動物病院」のテナント拡大に伴う、内外装のリノベーションです。
敷地の前面道路は交通量も多く、人目を引きやすい立地です。
外観デザインは、クライアントが新たな動物病院として抱いていた、柔らかなマテリアル・イメージと目に留まりやすいサインを考慮しながら、バランスよく構成することを心掛けました。
(共同設計 : 石垣 佳政)
代沢の住宅

代沢の住宅 T邸

「代沢の住宅」は、東京都世田谷区に建つ、1階にテナントスペースを持つ住宅です。
面積約52u・間口約4mという狭小敷地に対して、コンパクトな動線・光や風の取り入れ方・周囲とのプライバシーの関係・構造計画・コストなどのバランスを考慮しながら、クライアントの祖母の生活に負担がかからないように工夫しました。
エントランスは、道路の高低差を利用して、1階をテナントスペースとして独立させています。
(共同設計:一級建築士事務所 森吉直剛アトリエ )
南郷どうぶつ病院

南郷どうぶつ病院

札幌市白石区に開業した、「南郷どうぶつ病院」のテナント・リノベーションです。

外観デザインは、テナントのフロンテージを活かし、建物のコーナーをうまく利用することを考えました。
全体のイメージカラーを緑色とし、新しい動物病院らしい清潔感・シンプルな空間と柔らかさをイメージしています。